国私立中学【2014年】

【類塾生】高野台小出身 大教大附属池田中学校進学 山中 乃鈴香 さん

【類塾の卒業生】山中 乃鈴香 さん

大教大附属池田中学校進学 高野台小出身

私は、小学校4年生の時に類塾に入りました。

5年生からTコースに入ったのですが、それまでより宿題が多く、こなすのが大変な毎日でした。また、最初のうちは算数が苦手で授業についていけるか心配でした。しかし難しい問題も、類塾の先生から教わった、図にして考える方法を利用すると、楽に解けるようになりました。算数は今では私の一番好きな教科です。

試験当日は緊張しましたが、プレテスト等も事前に受けていたので落ち着いて受けることができました。今回受験してみて感じたことは、私は多くの人に支えられているということです。

受験は一人の力で乗り越えられるものではありません。家族や先生方、一緒に勉強した友達に本当に感謝しています。ありがとうございました。

【類塾生】九条北小出身 大教大附属天王寺中学校進学 別所 空雅 くん

【類塾の卒業生】別所 空雅 くん

大教大附属天王寺中学校進学 九条北小出身

ぼくは6年生の夏頃までは順調に成績が上がっていったのですが、それ以降は算数の成績が伸び悩み、とても焦りました。しかし、類塾の先生が「間違えた問題には印をつけて何度も反復しよう。」とおっしゃっていた事を実行し、苦手な単元を集中的に反復し、得意な単元に変える事ができました。

それでも、受験が近づくにつれて、緊張して落ち着いて勉強ができなくなりました。そんな時「類塾受験までの心得」にあった「合格点は100点ではありません。」という言葉を見て、ずいぶん気持ちが楽になりました。

そしてむかえた受験当日、最初は不安もありましたが「やれる事は全てやりきったんや。いすも机も学校の物とたいして変わらん。だから大丈夫や。」と自分に言いきかせ、びっくりするほど落ち着いて問題に取り組めました。

この2年間はとても大変でしたが、類塾のおかげで志望校に合格できました。類塾ありがとう。

【類塾生】氷室小出身 京教大附属桃山中学校進学 大場 舜也 くん

【類塾の卒業生】大場 舜也 くん

京教大附属桃山中学校進学 氷室小出身

ぼくが中学受験とサッカーを両立できたのは、類塾で勉強したおかげだと思います。実際にサッカーは受験直前の12月末まで続けることができました。

合格までの学習方法は、限られた時間の中で効率良く学習効果が出るように、先生と相談しながら、授業を取りました。具体的には、先科で先取りをしながら、練科で復習をし、特訓で入試対策をする方法です。家ではなかなか復習する時間が取れなかったので、この方法はとても有効でした。そして生活パターン表を作成する事で、スキマ時間を見つける事ができました。これは本当におすすめです。少しの時間の積み重ねが大きな力になります。

入試当日は今までやってきた事に自信を持って取り組む事が出来ました。合格できた事で、「サッカーと両立できるのは類塾しかない」と確信しました。

【類塾生】西淡路小出身 六甲中学校進学 西口 慎一朗 くん

【類塾の卒業生】西口 慎一朗 くん

六甲中学校進学 西淡路小出身

合格発表当日、パソコンの前で息をひそめて待っていました。「合格」という文字が目にとびこんできて、その時には、「よっしゃー!!」という一言しか出てきませんでしたが、今ではうれしくてたまりません。こんな気持ちになれたのは類塾の先生方のおかげです。「がんばれ!」「期待してるで!」といつも言ってくれました。そのたびに「よし、やるぞ!」という気が芽生えました。

類塾で教わったとおり、間違った問題はチェックして、絶対正解するまで何度も反復しました。特に類塾の算数のテキストは、解説が充実していたので、自分で考えて解くことができました。また、類塾の自習室もたくさん利用しました。家で一人で勉強していると、周りの子の実力が分からないけれど、自習室でみんなと勉強することで、自分の本当の実力に気付けました。後輩のみなさんに伝えたいことは、類塾を信じて努力することです。

類塾の先生方を信じて、自分が出せる100%の力をおもいっきり出してがんばってください。がんばったことは絶対にむだにはなりません。「人事を尽くして天命を待つ」ともあるように、終わってから笑えるように、今、一生懸命がんばってください。

【類塾生】弥刀小出身 大阪桐蔭中学校(英数)進学 岡本 聡太 くん

【類塾の卒業生】岡本 聡太 くん

大阪桐蔭中学校(英数)進学 弥刀小出身

僕が類塾に入ったのは小学5年生の時でした。その後、小6でTコースに移りました。

Tコースはとても難しかったので、目の前の宿題をこなすだけで精一杯でした。しかし、その都度先生たちが親身になってアドバイスしてくれ、ぐんぐん成績が上がりました。苦手だった算数も、いつの間にか好きになっていました。

入試前日、塾から帰る直前に、先生が全員で「がんばってな!」と応援してくれました。入試当日、とてもきん張しましたが、先生方の言葉を思い出し、自分の力を充分に発揮できました。

僕が合格できたのは、家族や先生、そして仲間達の支えのおかげです。類塾は、仲間と共に頑張れ、部活と両立して学べるのが一番の強みだと思います。僕自身、入試ギリギリまで野球を続け、仲間と助けあって学習しました。

みなさんも、類塾の先生方を信じて、日々頑張ってください。応援しています。

【類塾生】北条小出身 関西大学第一中学校進学 安田 都斗 くん

【類塾の卒業生】安田 都斗 くん

関西大学第一中学校進学 北条小出身

ぼくが志望校に合格できたのは、何度も反復をしたからです。ぼくは5年生のころから理科が苦手で、点数が伸びませんでした。しかし、『基本テキスト』や『応用テキスト』などを反復し、苦手なところができるようになると、とてもうれしかったです。さらに、自分の得意な分野も、より理解を深めることができました。

志望校の過去の試験問題を、当日のスケジュール通りにテストすることも大切です。事前にくり返し行うことによって、時間配分の感覚がつかめるようになります。

ぼくは、これまで真剣に取り組んできました。けれど、その陰には周りの人たちの助けがありました。努力していたのは、ぼく一人ではないということを、よく知っています。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。合格できたこともうれしかったけれど、それを伝えたときの相手の方の反応は、今でも心に残っています。