公立高校第3弾【2014年】

【類塾生】長栄中出身 高津高校普通科進学 春山 紗輝 さん

【類塾の卒業生】春山 紗輝 さん

高津高校普通科進学 長栄中出身

私は、中学2年生の春に入塾しました。まず類塾に入って教わったことは「反復」です。

私は数学が苦手で、全く勉強せず放置していました。その時の偏差値は43でした。中3になって数学が他の教科に比べて遅れているのに気付きました。そこで私は自主的に数学の応用テキストの反復をしました。最初の1回目は間違いが多すぎてやる気を失う時もありました。

でも「なんとしてでも高津に合格したい」と思う気持ちから必死に取り組みました。2回目、3回目からは見ただけで解法がすぐに頭に出てくるようになりました。そして1月の公開では数学の偏差値が65にまで上がっていました。私はこの結果を知った時、「反復」して良かったと思いました。

今、こうして合格体験記を書けているのも「反復」を教えてくれた類塾のおかげです。「反復」はすればするほど力がつくものです。後輩の類塾生、ぜひ類塾の反復を信じて勉強してください。そしたら合格への扉は開きます。

【類塾生】松原4中出身 生野高校文理学科進学 小松 久奈乃 さん

【類塾の卒業生】小松 久奈乃 さん

生野高校文理学科進学 松原4中出身

私が入塾したのは中1の終わり頃です。
初回の公開テストは後期の合格率が37%というショックな成績でした。殊に国語の偏差値はなかなか上がりませんでした。

しかし、先生が授業の時に教えてくださった勉強法により、劇的に成績が上昇したのです。英語、国語の長文を何度も音読する、いたって簡単な方法で正直、半信半疑でした。

でも、3ヵ月間続けると、英語の長文は初回の2倍速く読めて、文を見るだけで意味が自然と分かるようになり、国語に至っては、毎回とばす記述問題も点数を取ることができ、偏差値も60台前半を保つようになりました。勉強法を伝授してくださった先生に本当に感謝しています。合格の決め手は、文系科目でどれだけ点数を取れるかだと思います!

合格発表で、自分の番号を見つけられたのは、私を支えてくれた家族、友人、そして類の先生方のおかげです。みなさんも辛い時期が来ると思いますが、どうか、類の先生を信じて共に受験と戦い、共に合格を勝ち取ってください。

【類塾生】高安中出身 生野高校普通科進学 寺西 勇仁 くん

【類塾の卒業生】寺西 勇仁 くん

生野高校普通科進学 高安中出身

僕が類塾に入ったのは、中2の冬休みでした。入った頃は、とても問題が難しく、ついていくのがしんどかったけど、類塾の授業を受けているうちにだんだんと分かるようになっていきました。

僕が本格的に受験勉強を始めたのは、中3の10月頃でした。クラブも忙しく、あまり勉強をしていなかった僕は、必死で勉強しました。勉強しているうちに、だんだん成績が上がっていくのが分かって嬉しかったです。

僕が一番助けられたのは、類塾の自習室です。仲間と一緒に勉強することで、集中力がとても上がりました。冬期講習では、自分の苦手な所を反復することで、弱点をなくすことができました。

そして迎えた受験当日。最初は緊張しましたが、今までやってきたことを思い出すと、自信を持つことができました。合格発表の日は、とても緊張しましたが、自分の番号を見つけたときはとても嬉しかったです。そして、念願の生野高校に合格することができました。

【類塾生】三稜中出身 住吉高校総合科学科進学 山神 照太 くん

【類塾の卒業生】山神 照太 くん

住吉高校総合科学科進学 三稜中出身

僕が類塾に入塾したのは、3年生の二学期頃でした。本格的に入試に向けて勉強しようと思った事がきっかけでした。

いざ、授業を受けてみると周りの類塾生の雰囲気に押されて、ついていけるか不安な時もありました。しかし、先生が出してくれるカリキュラムをしていくと自信も湧いてきて、不安はすぐに消えました。私の場合、特に英語が心配だったので、毎朝・毎晩英語の暗唱例文と単語を聴いていました。すると、最初はあまり点数が伸びなかったのですが、1ヶ月くらい経つと80点以上をキープできるようになり、100点も取れるようになりました。類塾のサポートと努力によって実力がついたのだと思っています。

みなさんも類塾の最強勉強法を信じて、毎日課題を必ず継続してください。必ず実力がつきます。最後に見守ってくれた親、先生方に本当に感謝しています。ありがとうございました。

【類塾生】藤井寺3中出身 富田林高校進学 黒川 航太郎 くん

【類塾の卒業生】黒川 航太郎 くん

富田林高校進学 藤井寺3中出身

僕は中学3年生の春に類塾に入りました。最初は友達がいるからという理由だけで入ったのですが、今では類塾に入って本当に良かったと思っています。

僕が類塾に入って一番良かったと思う点は部活と両立できたことです。類塾の授業は短い時間で分かりやすく解説してくれるので、部活が忙しくてあまり時間がなかった僕でも成績を上げることができました。

僕は英語が全然分からなくて定期テストでも60点台だったのですが、類塾の暗唱例文や単語のテキストを毎日聴いて、発音することで二学期の終わりには90点以上をとることができました。入試の時も教科ごとの問題の対策だけでなく、小論文や英作文などの対策もやってくれたおかげで前期で合格することができました。

後輩のみなさん、辛いことや大変なことが多いと思いますが類塾を信じてがんばってください。

【類塾生】狭山3中出身 三国丘高校文理学科進学 吉良 美祐 さん

【類塾の卒業生】吉良 美祐 さん

三国丘高校文理学科進学 狭山3中出身

私は中2の冬期講習から類塾に入りました。それまで塾に通ったことがなく、家で勉強していたので、解ける問題にかたよりがありました。しかし、類塾の公開テストの結果を見て、どこが弱いのかが分かりました。毎回の結果を見る度に、前回より成長したところや新たな弱点を発見でき、とても役立ちました。

また、授業や宿題で分からないところがあれば、仲間が教えてくれました。それぞれの得意分野や、テスト前の集中方法など、同じ気持ちで闘っている仲間だからこそ教え合うことができました。成績が伸び悩んだ時や、不安にかられた時も類塾の仲間が支えてくれました。

私は、類塾の仲間たちと、共に闘い、自分の弱点と向き合い勉強できたことを誇りに思います。その結果が志望校合格という形で出たことは、とてもうれしいです。

【類塾生】千代田中出身 三国丘高校普通科進学 横山 拓 くん

【類塾の卒業生】横山 拓 くん

三国丘高校普通科進学 千代田中出身

僕は、類塾に中学1年生の頃に入りました。その頃から僕は、野球と勉強を両立させなければならなくなりました。初めの頃は、野球だけをして、空いた時間を無駄に使っていました。すると、もちろん成績も下がっていきました。

そこで、類塾自慢の生活パターン表をしっかりと書きました。すると、自分が今までにどれだけ無駄な時間を過ごしていたかが分かり、その時間にしなければならない課題が明確になりました。それから僕は、生活パターン表通りに過ごすことだけは守り続けました。そして、3年生の夏休み頃には、公開テストの偏差値も、以前からは考えられないほどまでに上昇していました。

僕はこの生活パターン表通りの生活を卒業するまで3年間続けることによって、三国丘高校に合格できたと言っても過言ではありません。皆さんも類塾のカリキュラムを信じて、合格目指して頑張ってください。

【類塾生】田原本中出身 奈良高校進学 岡本 智宏 くん

【類塾の卒業生】岡本 智宏 くん

奈良高校進学 田原本中出身

僕が類塾に入ったのは中3の春ごろでした。最初の頃は、何回も同じことをして意味があるのかと思っていました。しかし、類塾で繰り返すことの大切さを知りました。繰り返すことで脳に定着して、問題を解く上で必要な知識をいつでもすばやく取り出せるようになると思います。

また、類塾の日曜SS特訓で高度な問題を解くことによって、力が身に付いたと思います。数学では他の人の答えを見て、こういう解き方もあるんだと感じたりすることもあり、幅広い見方をすることも出来るようになりました。

僕は、入試当日は誰でも緊張するものだから緊張するのは仕方がないことだと思います。だから緊張しつつも、自分の力を100%発揮できるようにがんばってください。