大学【2014年】

【類塾生】吉川中・北野高出身 東京大学文科一類進学 中島 陽太郎 さん

【類塾の卒業生】中島 陽太郎 さん

東京大学文科一類進学 吉川中・北野高出身

私は1年間通った類塾で二つのことを身につけました。

一つ目は、本質的理解と徹底的反復を両輪とする勉強法です。この勉強法は東大入試においても十全に機能しました。そしてまた大学・社会における勉強でも機能してくれることでしょう。

二つ目は、向上心です。類塾では公開テストで府下の優秀なライバルと切磋琢磨でき、実際に私とトップを争ったライバルは北野でもライバルとなり、今春、共に東大合格を果たしました。また大学入試では全国の秀才たちと競い、上には上がいることを再確認しつつ、全国模試でもトップに肉薄できました。これも向上心が最大の原動力です。東大でも常に上を見続けたいと思っています。

最後に。私が東大を目指すと決意した中3の早春、類塾のチラシに東大文科一類合格者のメッセージが掲載されており、自信と勇気を得られました。「自分も東大に行けるのではないか。」私自身も後輩諸君にバトンを繋げれられることを誇りに思います。

【類塾生】芝谷中・北野高出身 東京大学文科三類進学 藤田 剛 さん

【類塾の卒業生】藤田 剛 さん

東京大学文科三類進学 芝谷中・北野高出身

僕が類塾で学び、高校受験はもちろん大学受験においても役立ったことは次の二つです。

一つ目は計画の立て方です。類塾では生活パターン表が頂け、可能な勉強量を考慮しつつ課題を取捨選択できたので、優先順位をつけて勉強計画を立てる力が身に付き、すべきことが増える高校生活においても効率的に勉強ができました。

二つ目は反復学習の重要性です。類塾時代にはそれを口で教えられるだけでなく、反復学習を重視した類塾のカリキュラムをこなしていくうちに成績が向上したことで、それを実感できました。この経験から、高校でも学校の授業等の反復を怠らなかったことが、大学受験における志望校合格への大きな勝因となりました。

現在、類塾で学んでいる皆さん、このような良い環境が整っている訳ですからこれを十二分に活用して、ぜひ志望校合格を勝ち取ってください。

【類塾生】高槻1中・北野高出身 京都大学工学部進学 横山 梨一 さん

【類塾の卒業生】横山 梨一 さん

京都大学工学部進学 高槻1中・北野高出身

類塾から北野高校文理学科に合格し、現役で京都大学に合格した今、僕が伝えたいことは主に二つあります。

一つ目は、大学受験と高校受験は本質的に変わらないということです。つまり、高校受験のときに培った勉強法は、そのまま大学受験に応用できるのです。類で学んだ暗記法や文章の読み方、復習の仕方などは高校に入っても大いに役立ちました。皆さんにも、今のうちに類で正しい勉強法を身につけてもらいたいと思っています。

二つ目は、なるべく上の高校を目指して欲しいということです。北野高校に入って分かったのは、周りの環境の大切さです。周りのレベルが高ければ、それだけ切磋琢磨することができます。悪戯に志望校を上げろとはいいませんが、類の判定とも相談して、なるべく高い所を目指して欲しいと思っています。

皆さんが志望校に合格されることを願っています。

【類塾生】楠葉西中・大手前高出身 京都大学工学部進学 名倉 百華 さん

【類塾の卒業生】名倉 百華 さん

京都大学工学部進学 楠葉西中・大手前高出身

私が高校生になり、志望校合格に向けて一番心掛けたことは、「効率よく」勉強するということでした。

高校生になると、勉強や部活動、行事や研究などのやりたいこと・やらなければならないことがたくさん出てきます。それら一つひとつを全力で楽しむためにはけじめをつけることが大切です。私は、勉強する時には「もうこの問題には入試まで1回も出会えないかもしれない。」と思いながらあらゆる問題を1回で理解しきることを意識したり、類塾の生活パターン表のようなものを作って計画的に勉強することを意識したりしていました。

それによってきちんと勉強しながらも高校生活をとても充実したものにすることができたんだと思います。これから高校に入学する皆さん、「効率よく」勉強し、たくさん遊んで高校生活を全力で楽しんでください。

最後に、私を支えてくださった方々、本当にありがとうございました。

【類塾生】茨田北中・大手前高出身 大阪大学外国語学部進学 湯浅 智博 さん

【類塾の卒業生】湯浅 智博 さん

大阪大学外国語学部進学 茨田北中・大手前高出身

高校生になると、中学時代に比べて一気に忙しくなります。自分で決められることも増え、周囲の誘惑も多くなります。しかし、そんな環境の中で、高校受験の何倍も厳しい大学受験に僕が成功できたのは、類塾時代に身につけた「反復」の習慣のおかげだったように思います。

前述した通り、高校生は忙しいです。当然勉強においても効率が求められます。そこで生きてくるのが反復の習慣です。新しく習ったことはその日中に反復し、完全に自分のものにする。当たり前に思うかもしれませんが、これをきちんとこなすことが一番の近道になると思います。

反復というものは、すぐに効果が実感しにくいものかもしれません。しかし、積み重ねたものはどんな形であれ、きっと自分の財産になるということを心に留めて、受験生活を乗り切ってください。