国私立中学【2015年】

【類塾生】桃山台小出身 大教大附属池田中学校進学 新井 ともよ さん

【類塾の卒業生】新井 ともよ さん

大教大附属池田中学校進学 桃山台小出身

私は小学校4年生のときに類塾に入りました。

初めは、授業についていくのに必死で、宿題も「ただ解いている」だけでした。そして、5年生になりTコースに入りました。算数が苦手でテストでは半分もとれない毎日でした。そんな時、先生から「反復をするように」とアドバイスを受けました。

そこで、これまで「ただ解く」だけだった宿題の仕方を見直しました。人に教えられるレベルまで理解するようにしたのです。これがきっかけで成績はぐんとのびました。

また、類塾でつけることができた力があります。それは自考力です。とことん自分で考えて完全に理解するという指導が合格できた一番の理由です。

【類塾生】大教大池田小出身 大教大附属池田中学校進学 服部 里桜 さん

【類塾の卒業生】服部 里桜 さん

大教大附属池田中学校進学 大教大池田小出身

類塾に入って、勉強が楽しいと思えるようになりました!

類塾に入る前は、特に歴史が苦手で嫌いでした。でも、類での自分で考える授業のおかげで、知識が広がり、何よりも楽しいと思えるようになりました。自分で類塾手帳を見て毎日の計画を立てるようになると、試験までの時間を有効に使うことが出来るようになり、良かったです。自分と同じ目標に向かう仲間と励まし合い、お互いを高め合えたから附属池田中学合格までたどり着けました。

類塾は私に合格はもちろん、たくさんの出会いや思い出を与えてくれました。これから試験にチャレンジする人達にも、勉強を楽しいと思ってもらいたいです。めげずにコツコツと頑張ってください。

【類塾生】森河内小出身 大教大附属天王寺中学校進学 西村 陸哉 くん

【類塾の卒業生】西村 陸哉 くん

大教大附属天王寺中学校進学 森河内小出身

僕は、類に入って良かったです。最初はやるべきことがよく分からず、宿題も中途半端にしかしていませんでした。

そんな時、友達が反復課題をやっているのを見て、僕も取り組み始めました。最初はペースがつかめず苦労しましたが、だんだん要領がつかめてきて、とても勉強がはかどるようになりました。そして、公開テストや模試の偏差値が少しずつ上昇し、上位校を狙えるまでになりました。

さらに、類塾手帳を活用し、勉強や生活のパターンを整理しながら書き込んでいくと、そのパターンが定着してきました。また、勉強内容を整理したことで自分の苦手分野がはっきりしてきました。その苦手分野を集中的に勉強し、成績はさらに上がりました。

入試当日は、類でやってきたことを思い出すことですごい自信が持てました。類で培った勉強方法は将来にもつながります。受験生のみなさんも類を信じてがんばってください。

【類塾生】長瀬南小出身 大教大附属天王寺中学校進学 三谷 淳一郎 くん

【類塾の卒業生】三谷 淳一郎 くん

大教大附属天王寺中学校進学 長瀬南小出身

「やったー」ぼくは受験番号を見つけたときに、うれしくてさけんでしまいました。そして、3月から続けてきた受験勉強がようやく終わりました。

ぼくは、5年生で類塾に入り、6年生の時にTコースに移りました。Tコースに移った最初のころは、みんなについていくのに精一杯でしたが、反復課題や授業の宿題などをしっかりとがんばりました。その結果、夏ごろにはみんなに追いつき、秋には志望校の合格圏内に入る事ができました。

ぼくががんばれたのは、一緒に切磋琢磨できる友達がいたからです。授業の後に自習室で一緒におそくまで勉強をしたり、帰り道に色々な話をして、ストレス発散にもなりました。受験をしようと思っているみなさんも、良い友達と共にがんばってください。類塾の先生方、ありがとうございました。

【類塾生】奈良女子大附属小出身 奈良女子大附属中学校進学 宇野 侑紗 さん

【類塾の卒業生】宇野 侑紗 さん

奈良女子大附属中学校進学 奈良女子大附属小出身

私は合格を知った時に、涙が出そうになりました。私は、合格できたのには、二つの理由があると思います。

一つ目は、反復課題です。自分の弱点を見つけ、1ヶ月分の反復課題を先生と決めて進めることによって、自分の苦手な部分を一つひとつなくしていくというものです。私は1年間やってきた中でも、最後の2ヶ月に力を入れました。「このままじゃ合格できない。」と思っていたのが、一つひとつ苦手な所をなくすことで、「これなら合格できるかも。」という気持ちにつながっていきました。

もう一つは、グループ挑戦です。自分でも答えまでの考え方はあるけれど、他の人の考えを聞き、理解して考え方を共有することで、今までは考えられなかった簡単な解き方などの新しい切り口が見えて、より力のつく学習をしていたと思っています。

やっぱり決め手は反復し、理解を深めることなので、皆とにかく反復をして頑張ってください。

【類塾生】新東三国小出身 関西大学第一中学校進学 清水 基 くん

【類塾の卒業生】清水 基 くん

関西大学第一中学校進学 新東三国小出身

僕が受験すると決めたのが5年生の冬だったので、Tコースに入ってまず皆の進んでいるところまで追いつくのが大変でした。そこで、夏休みは他の人よりも自習室におそくまで残り勉強しました。その成果が、類塾からもらう公開テスト上位者ランキングに自分の名前がのることが、一番のはげみになりました。

途中、やる気を失ってやめようかと思う時期もありました。でも両親と塾の先生にはげまされ、最後までやりぬこうとそのときに決意しました。

1月に入ってから入試当日までの2週間はとてつもなく長く感じました。しかし、入試当日にあまりきんちょうせずに実力が出せたのは公開テストでテストになれていたからだと思います。

合格発表の日、自分の番号を見つけた瞬間、母と飛び上がって喜びました。類塾のカリキュラムは僕にとても合っていたと思います。