大学【2015年】

【類塾生】彩都西中・北野高出身 京都大学医学部医学科進学 春名 孝太郎 さん

【類塾の卒業生】春名 孝太郎 さん

京都大学医学部医学科進学 彩都西中・北野高出身

僕が志望大学合格に向けて最も意識したことは「なぜこの考え方に至るのか。どうしてこの解法なのか」ということです。

学問を究めるには、パターン暗記や受け身の勉強だけでは限界があり、思考力が重要になります。特に数学で必要になるので、僕は常に「問題文を分析・把握して、そこから推測される解法によって結論を導く」ことを念頭に置き、解けなかった問題も「自分の思考過程のどこが間違っていたのか」を自己分析しました。この過程にも思考力が必要となります。

思考力は簡単に身につくものではなく、くせもあるので、できるだけ早期に高度な思考力を身につけてほしいと思います。そのためには、普段から自ら判断して自ら考え自ら分析する積極的な学習が必要だと思います。

高校生活をいかに過ごすかで、人生は大きく左右されます。今、自分に何が必要か、何をすべきか、将来に向けて何ができるのかを考え、常にその時点で自らが最良と思う選択をし、悔いのない高校生活を送ってください。

【類塾生】長尾西中・大手前高出身 京都大学経済学部進学 石川 良輔 さん

【類塾の卒業生】石川 良輔 さん

京都大学経済学部進学 長尾西中・大手前高出身

類塾には授業で本質を理解して問題を解くことに加えて、予定を立て効率良く学習する術、反復学習の重要性をも教えて頂きました。そしてこれらは大学受験時に大いに役に立ち、現役合格の支えとなりました。

高校では中学の数十倍とも言われる内容を学習します。その量の多さは本質の理解なしの暗記では処理しきれず、効率が悪いと受験に勉強が間に合わなくなります。また内容は複雑になり、一度学習するだけでは到底身につきません。類塾の指導は、高校受験にとどまるものではありません。寧ろ将来に於いて、より役立つものです。

現在類塾に在籍されている方々、是非高校への合格と共に将来へとつながる勉強法を習得してください。心より、応援しています。

【類塾生】樟葉中・大手前高出身 大阪大学基礎工学部進学 山下 航平 さん

【類塾の卒業生】山下 航平 さん

大阪大学基礎工学部進学 樟葉中・大手前高出身

私が類塾で学び、高校での勉強や受験勉強で役立ったことは2つあります。

ひとつは、自分で計画を立て、それを実行していくことを確立できたことです。高校に入ると行事や部活で益々忙しくなりましたが、高校受験の時に身につけたそのスタイルのおかげで、勉強と部活等を両立できました。引退後も、自分の成績と相談しながら計画を立てていくことができ、効率よく実力をつけることができたと思います。

もうひとつは、自分が完全にできるようになるまで反復し続ける姿勢です。類塾の反復重視のカリキュラムのおかげで、反復する姿勢が身につき、それを高校でも応用していくことで、実力もつき、最終的には第一志望の大学に合格できたのだと思います。

類塾で得られるスキルは、勉強だけでなく、将来にも活かされるものだと思います。類塾生のみなさんは、類塾で学んだことを忘れずに、これから頑張ってほしいと思います。