国私立中学【2016年】

【類塾生】梅美台小出身 京教大附属桃山中学校進学 太田 百香さん

【類塾の卒業生】太田 百香さん

梅美台小出身 京教大附属桃山中学校進学

私が類塾に入ったのは、5年生の春のことでした。その当時、私は水泳をがんばっていて、反復練習を大切にしている類塾なら、効率よく学習内容が身につき、水泳との両立ができそうだと思いました。

入塾後、初めての公開実力テストでは偏差値が悪く、自分の算数のできなさにショックを受けましたが、類塾で先生に言われた通りに反復課題をがんばり続けました。すると、段々と算数の成績が上がってきて、とても嬉しかったです。また、国語の熟読トレーニングで扱った文章が、赤本などの問題集に出てきたときは、スラスラと解けて成果を感じました。

入試本番ではとても緊張しましたが、類塾で学んだことを出し切ることができました。合格発表の日、自分の番号を見つけて母と一緒に抱き合って喜びました。これからの中学校生活でも、類塾で身につけた力を使ってがんばろうと思います。

 

【類塾生】今津小出身 大教大附属天王寺中学校進学 福森 一輝くん

【類塾の卒業生】福森 一輝くん

今津小出身 大教大附属天王寺中学校進学

ぼくは6年の春期講習から類塾に入りました。しかし、授業についていくのがやっとでした。そこでぼくを変えたのは追求型授業です。例えば算数では、自分の分かったところまでグループ追求で出し合って、先生からのヒントをもらいながら自分で考え、最後まで分かったときの達成感はとてもきもちがよく、他の教科でも丸暗記では味わえない勉強への意欲が出てきました。

そして、そこに加速するように始めたのが、自習室での勉強です。ぼくは家だと、思わず休けいが長くなってしまうくせがありました。しかし、自習室ではその心配がなく集中して勉強でき、友達や先生に質問することもできました。そして、ぼくはこの10ヶ月ほどで公開実力テストでは名前がのらなかったところから、1月のテストでは4位までのぼりつめました。

ぼくをここまできたえあげてくれた追求型授業と自習室をみなさんもぜひ活用してください。そして、それをすすめてくれた類塾の先生方ありがとうございました。

 
 
 

【類塾生】大阪教育大学教育学部 附属池田中学校合格 N.T.さん

【類塾の卒業生】N.T.さん

大阪教育大学教育学部 附属池田中学校合格

私は5歳からピアノを習い始め、今でも続けています。類塾に入塾してもピアノだけは絶対に続けたかったので、入塾したころ、ピアノと塾のどちらを中心に置くか非常に悩んでいました。

そんなある日、両親からこう教わりました。「人は、より良い社会を築くために、それぞれが自分の得意とする分野で社会に貢献していかなければならない。そのためには、最低限の幅広い知識を身につける必要がある。その知識を身につけること、それが受験勉強である。」私はその言葉に心を動かされ、勉強とピアノを両立することを決意しました。

類塾で、素晴らしい友達と学び、語り合うことは、私にとって無上の喜びでした。先生もおもしろい方ばかりで、授業も常に楽しく受けることができました。努力は自分を裏切らないということを教えてくれた類塾の先生方には本当に感謝しています。後輩の皆さんも、類塾を信頼して勝利の栄光を勝ち取ってください。最後まで諦めなければ、きっと夢は叶うはずです。

【類塾生】大教大池田小出身 大教大附属池田中学校進学 斉藤 和敬くん

【類塾の卒業生】斉藤 和敬くん

大教大池田小出身 大教大附属池田中学校進学

僕が類塾に入ったのは、小学4年生の5月頃です。類塾の追求型授業によって、追求力や自分で考える力、グループ追求では、自分の意見を相手に分かりやすく発表する力がつき、そして他の人の意見と自分の意見を比べ、その違いを考えることで答えにたどり着きやすくなりました。

この勉強法を続けた結果、入ったころは55だった公開実力テストの偏差値は、6年生の2学期には75を超えていました。

テストはとてもきん張したけれど、自分の力を十分に発揮でき、得意の社会で点数をあげて、合格することができました。合格できたのは、類塾の先生方のおかげです。ありがとうございました。