公立高校第2弾【2016年】

【類塾生】橿原中出身 畝傍高校進学 松田 真侑さん

【類塾の卒業生】松田 真侑さん

橿原中出身 畝傍高校進学

私は3年生になるまで、類塾で出してもらった課題に真剣に取り組まず、いつも楽な道を選んでいました。そのため、受験シーズンに入ると、課題ができていなかったことが実力不足を引き起こし、自分を苦しめることになりました。それから私は基本テキストを徹底的にやり直し、苦手だった数学の点数を徐々に上昇させることができました。

 だから、みなさんは、類塾の先生から出された課題はきちんとこなしていった方が良いと思います。

また、類聚手帳は積極的に使うことをおすすめします。類塾手帳を使いこなせば、自分の苦手なところやできていないところなど、いろいろ発見できます。類塾の先生方の言葉を信じて頑張ってください。

【類塾生】三郷中出身 畝傍高校進学 前田 和佳奈さん

【類塾の卒業生】前田 和佳奈さん

三郷中出身 畝傍高校進学

私が志望校に合格できたのは、類塾のおかげです。類の公開実力テストや入試直前必勝講座では、入試本番さながらの雰囲気の中、テスト形式の演習を重ねたことで試験慣れでき、入試当日は類で受けたテストのように落ち着いて受けることができました。また、頻繁にテストを受けていたため、常に自分の弱点を発見でき、次の勉強につなげることもできました。

もう一つ、私の支えとなったのは類の先生方です。類の先生は、私が勉強の仕方で悩んでいるときや、行き詰っているときに相談に乗ってくださり、様々なアドバイスをしてくださいました。

私はこのように、類塾それに先生方の暖かいサポートのおかげで、無事志望校に合格することができました。最後に、今まで支えてくれた類塾のみんな、先生方、本当にありがとうございました。

【類塾生】上牧2中出身 奈良高校進学 志磨 優佳さん

【類塾の卒業生】志磨 優佳さん

上牧2中出身 奈良高校進学

私は、中学3年生の4月に類塾に入りました。最初は、今まで自分でしていた勉強とは全く違う類塾の勉強法に戸惑いましたが、徐々に慣れていきました。特に英語と数学は類塾の勉強法を実践することによって、問題一つひとつに対する意識が変わりました。その結果、それまであまり点数が取れなかった模試での成績がだんだん良くなってきて、とても嬉しかったのを覚えています。

また、暗記科目だと思っていた理科・社会も、類塾のやり方に沿って教科書にラインを引いたりポイントを書き込んだことによって、より理解が深まったと思います。

みなさん、類塾の勉強法を信じて毎日コツコツ勉強すれば、結果は後からついてくると思います。受験勉強は辛いと思うけど、みんな同じです。がんばって!

【類塾生】奈良教育大学附属中出身 奈良高校進学 堀口 大聖くん

【類塾の卒業生】堀口 大聖くん

奈良教育大学附属中出身 奈良高校進学

私は「勉強」という押しつけがましいものから逃避生活を送っていた。部活動に没頭し、なんとなく定期テストを乗り越え、その場しのぎで過ごしてきた。そのような日常に変化をもたらし、ある種の楽しみを与えてくれた類塾に感謝したい。

私が伝えたいことは一点だけ。俗に言う「受験勉強」は無意味である、ということ。受験制度に縛られた勉強方法などは社会で求められるものではなく、翻って包括的な「追求力」に関連づけられる「社会力」が求められる要素となる。

類塾は、教科に関わらずすべての学習を通じて、物事の多面性や俯瞰した視点などに気づかせてくれた。そのような思考方法を深化させることによって、物事の理解が確固たるものとなり、知識を超越した情報としてインプットされる。そのプロセスを通して、明確なビジョンを自身の中に根づかせてくれる。これこそが、私が類塾の中で培った姿勢だと思う。改めて感謝します。

【類塾生】加賀田中出身 三国丘高校文理学科進学 杉山 友美さん

【類塾の卒業生】杉山 友美さん

加賀田中出身 三国丘高校文理学科進学

私は小学校6年生の秋頃から、この類塾に通い始めました。最初の頃はあまり塾が好きではなく、行く意味がないのではとさえ思っていました。しかし、学校や一人ひとりの力に合わせたテスト対策などのおかげで、定期テストで良い成績を保つことができるようになり、類塾に行っていて本当に良かったと思えました。

また、テストだけではなく、グループ追求などによって、自分の考えを発表したりみんなの考えを共有したりでき、自分で考えるという力を身に付けることができました。この力は私に探究心を与え、勉強への意欲を起こさせました。そのおかげで、無事第一志望の高校に合格することができたのだと思います。

学ぶ喜びを与えてくれた類塾にはとても感謝しています。

【類塾生】上之島中出身 住吉高校国際文化科進学 東口 奈央さん

【類塾の卒業生】東口 奈央さん

上之島中出身 住吉高校国際文化科進学

合格発表で、自分の受験番号を見つけたとき、今までにないような感動に包まれました。得意科目だった英語は今まで以上に自信があったのですが、数学や理科などが全く出来なかったからです。そして、今までやってきたことが無駄ではなかったのだと感じられました。

英語の授業を受け始めたとき、私は成績が伸びず悩んでいました。文章の構造をいちいち理解しようとしていたからだと思います。でも、中2の夏に類塾で「ネイティブの人は問題集を解いて英語を勉強しない」ということを聞き、確かにそうだと気付いたのです。それからは、暗唱例文集や洋楽を聞きまくって、後に続いて音読していました。

文を耳で覚えて、それを活用するのです。すぐに結果はあらわれませんが、勉強が苦でなくなり、後で絶対に役立ちます。だから、みなさんも、類塾の先生の話もよく聞いて、これからの1年間たまには休みながら自分のペースで頑張ってください。