【類塾生】花乃井中・大手前高出身 京都大学農学部進学 西川 寛太郎さん

類設計室が運営する類塾の男子生徒

【類塾の卒業生】西川 寛太郎さん

花乃井中・大手前高出身 京都大学農学部進学

大手前高校文理学科に合格し、京都大学に現役で合格した今、類塾で学び、今までそしてこれからも役に立つであろうことの一つは、「計画を立てることの大切さ」です。

 中学生の時、部活や習い事で忙しい私でしたが、類塾の先生方と相談し、自分専用の「生活パターン表※」を学期ごとに作りました。それにより、自分自身の生活を見直すきっかけとなり、いつ何をするか具体的に決めることができ、生活にメリハリがつきました。

 その経験は、より忙しくなって勉強時間の確保が難しい高校生活でも活かされました。例えば、予復習の時間が取り難い3年生の時には、早起きが苦手なことを逆手に取り、毎朝7時に登校して始業までの90分間予復習することを心がけました。

 皆さんが類塾で学んでいる、計画だけではなく全てのことは、人生において役に立つことです。先生の教えを素直に聞き、実行し、合格を勝ち取ってください。(※類塾手帳の前身)