【類塾生】高槻10中・北野高出身 東京大学文科Ⅱ類進学 梶山 真嗣さん

類設計室が運営する類塾の男子生徒

【類塾の卒業生】梶山 真嗣さん

高槻10中・北野高出身 東京大学文科Ⅱ類進学

世間には受験テクニックという迷信がありますが、これは姑息にすぎません。大学や社会で求められているのは自分で考える力です。これは従来の講義型授業で得られるものではありません。

 北野高校では、特に数学は高3になると自分たちで演習を行い、生徒同士で解説するという授業スタイルをとっています。今や、受験でも自分で考えて困難などに立ち向かう力が求められているのです。

東京大学の入試でも、単なる暗記を越えた、全体を俯瞰する視点が必要です。僕の場合は、自分より視野の広い人に思考のきっかけ与えてもらい、そこから自分自身の考えを広げることができました。自説に固執せず、他の人の意見を積極的に受け入れ、様々な側面から物事を見られるようになることが大切だと思います。

 大学受験でさえも追求力が必要なのだから、社会に出ればなおさらであろうと思います。だから類塾生にも、追求力の大切さを学んでもらいたいと思います。皆さんの活躍を心から期待しています。